平野歩夢ソチオリンピックハーフパイプ金メダル?両親 年齢 ピアスと海外の反応

【スポンサード・リンク】

2014年2月にロシアで開催される冬季ソチオリンピックですが、スノーボードのハーフパイプに金メダル候補がいました。平野歩夢選手(あゆむ)14歳の中学生!今年ニュージーランドで開催されたワールドカップで歴代最年少優勝を果たすという快挙を達成。一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

平野歩夢 プロフィール

平野歩夢
所属:バートン
グーフィー
スノーボド歴10年
14歳中学生
1998年11月29日生まれ
村上第一中学校
身長160cm
新潟市村上市出身

ソチオリンピック金メダルに最も近い平野歩夢

4歳のころから兄の英樹君とスノーボードを初め、小学4年生にしてスノーボードの代表ブランドバートンと契約。初めて国際大会に出場したのは2009年のバートンアジアカップでジュニア部門に出場し優勝。一般の部でも37位という10歳では信じられない成績を残している。その後、2011年はアメリカストラットンで開催されたバートUSオープンではジュニアで優勝、一般では13位とジュニアの中では圧倒的な技術を見せつけた。

▼2013Winter X Game Superpipe▼


そして今年2013年は絶好調。オリンピック2大会連続のショーンホワイト(アメリカ)が参戦したウィンターXゲームではショーンホワイトに続いて2位、ヨーロッパオープン優勝、USオープン2位、そして、ワールドカップツアーのチャンピオンのタイトルを手に入れた。今日本のスノーボード界で最も金メダルに近い選手と注目されています。

▼2013Winter X Game Superpipe▼

 

 平野歩夢に対する海外の反応

実際に海外からの反響もものすごく。あの14歳はヤバイ。野獣だ。彼はパフォーマンスを全て自分のものにしている。など賞賛の声が多いです。ショーン・ホワイトでさえ彼は脅威だと敬意を込めてコメントしています。

 

▼2013ヨーロッパオープン優勝▼
 

平野歩夢にピアス?

スノーボードというと過去には成田童夢、今井メロなどに始まり、前回のバンクーバーオリンピックでは国母和宏選手の腰パン騒動でスノーボードに詳しい人たちからのバッシングを受けていて不良のイメージも強い競技です。そこで平野歩夢選手にも14歳なのにピアスをしているんじゃないか?との疑いがかけられているようですが、ピアスをしているという事実はないようです。ちなみに国母和宏さんは今回テクニカルコーチとしてソチ五輪に出場するそうです。

 

 

平野歩夢の両親は?

 

中学生でワールドカップ優勝、ショーン・ホワイトに並ぶ実力の持ち主となると一体平野歩夢選手の両親は何をやっているのか気になってしまいますよね。ですがあまり今の所あまり情報が出回っていません。ただ、平野歩夢選手がハーフパイプを練習する為に車を40分かけて山形県まで父の英功さんが送り迎えをしていたそうです。その車の中では母富美子さんのお弁当を食べるなどしていたらしいので、かなりのバックアップがあり平野歩夢選手の今があるわけです。

今年のオリンピックは日本人が初めてスノーボードで金メダルを取る所をみることができるかも知れません!

▼2013USオープン優勝▼




【スポンサード・リンク】

コメントを残す