國母和宏の現在は?ソチオリンピックに出場?腰パンから4年 動画

【スポンサード・リンク】

バンクーバーオリンピックのハーフパイプに出場した國母和宏選手は腰パン騒動と、謝罪会見での舌打ちなどで話題になった選手ですが現在は誰もが尊敬するテクニカルコーチとしてソチオリンピックに出場することが決まっています。

國母和宏とソチオリンピック

國母和宏の現在は?ソチオリンピックに出場?腰パンから4年 動画

2010年に開催されたバンクーバーオリンピックでは日本人最高の8位入賞をマークし技術の高さを周囲に知らしめた國母和宏選手ですが、今年5月に正式にソチオリンピックは目指さないと表明しました。

 

なんか少し残念な気もしますが、それは本人の自由ですからね。確かにあの腰パン騒動で国民やメディアにあれだけバッシングされてしまえばなんとなく表舞台に出るのが嫌ということもあるのではないでしょうか。

國母和宏の現在は?ソチオリンピックに出場?腰パンから4年 動画

スノーボードはまだマイナーなスポーツですし、元々は海外のスポーツです。日本人に理解されない部分は沢山あるでしょう。彼もまだ大学生だったわけですし、中々思うように自分を表現することができなかったのもわかります。

 

コーチとしてソチオリンピックに出場

しかし、やはり國母和宏選手の力は日本のチームに必要であるということから全日本スキー連盟の萩原文和スノーボード部長から正式にハーフパイプチームのテクニカルコーチに抜擢されました。

國母和宏の現在は?ソチオリンピックに出場?腰パンから4年 動画國母和宏選手は現役としてまだ活躍している選手で、現役選手がアドバイザーとしてオリンピックに出場することは異例であるとのことです。本人は「スノーボードが、社会的に認知されるような形で貢献したい」ということでコーチも快諾しているようです。

 

恐らく2010年のバンクーバーオリンピックで國母和宏選手の言動を見た人は「こんなやつがコーチで大丈夫なのか?」と疑問を抱く人もいるかもしれません。しかし、なんとハーフパイプ界では彼を尊敬し、信頼している選手が殆どなんだとか。

bo-100131-02

 

まぁでなければ彼が全日本スキー連盟からコーチを任命されることもなかったでしょう。一体、國母和宏という男はどんな考えをもった人間なのか知るのにいい機会になるかもしれません。確実に彼はインタビューの対象になるでしょう。

 

國母和宏選手が出場しないとなるとそもそも、成績がヤバいんじゃないのか?と不安に思う人もいるでしょう。

 

金メダル最有力候補平野歩夢

國母和宏の現在は?ソチオリンピックに出場?腰パンから4年 動画

しかし、今回のソチオリンピックで本当に期待されていたのは國母和宏選手ではなく、平野歩夢選手(14)。平野歩夢選手は新潟の中学校に通うバリバリの中学生ですが、今年ニュージーランドで開催されたワールドカップで優勝。

 

そして、毎年開催されているXゲームではアメリカのスーパースター、ショーン・ホワイトに次いで2位の成績を残しているモンスター中学生です。

 平野歩夢のジャンプがハンパない動画

今年はソチオリンピックで日本人初のメダルは確実視でしょう。國母和宏コーチには技の解説などを詳しくして欲しいなと個人的には思っています。

 




【スポンサード・リンク】

コメントを残す